FC2ブログ

Beteru べてるの家★向谷地生良

日本を代表するソーシャルワーカーの
向谷地生良さんに会ったよ

I met Mr.Ikuyoshi Mukaiyachi because my teacher interviewed him and published his book.

beteru+021_convert_20090430011201[1]
He is a social worker in Hokkaido, urakawa, beteruno-ie.

[一応ウィキペディア」

"Beteruno-ie" is a house where people have some difficulty live in.
(it's just my interpretation)


ゆるゆるスローなべてるの家―ぬけます、おります、なまけます (ゆっくりノートブック)ゆるゆるスローなべてるの家―ぬけます、おります、なまけます (ゆっくりノートブック)
(2009/03)
向谷地 生良辻 信一

商品詳細を見る


「べてるの家」HP


I love beteru's doctrines.

≪べてるの家理念≫

・三度の飯よりミーティング

・安心してサボれる職場づくり

・自分でつけよう自分の病気

・手を動かすより口を動かせ

・偏見差別大歓迎

・幻聴から幻聴さんへ

・場の力を信じる

・弱さを絆に

・べてるに染まれば商売繁盛

・弱さの情報公開

・公私混同大歓迎

・べてるに来れば病気が出る

・利益のないところを大切に

・勝手に治すな自分の病気

・そのまんまがいいみたい

・昇る人生から降りる人生へ

・苦労を取り戻す

they welcome distinction and prejudice!!

they are making the work place that absent themself from work fell at ease!!

and trying to disclose information of their own weakness.(they have sickness ,,for example, integration dysfunction syndrome.)


もちろん、私にも、
いろいろな”病気”とされる人たち(時に自分も含む)との
共生とかいう考えはもともとあったし、
こういう点でも彼我の差なんてないって思うところはあったけど、


向谷地さんの何が印象に残ったって

彼は、認知障になりたいと言っていたよ!!

(他の、例えばうつ病とか統合失調症とかにもなってみたいけど、
性格的に自分はなれそうなので、残る選択肢はボケるくらいしかないかな、、ということらしい)

私は、さすがに、なりたいとは思っていなかった!

自分はならないようにしようって、

そういうふうにばっかり考えていた!

ぼけない生き方の本とかが売れる今

斬新すぎた!!

”病気”は楽しい!

べてるの家での生活は楽しい!!らしい!!

what the word I was impressed the most is ,,,,

he said he wanted to be an elderly person have imbecility!!

it floored me because i never thought like that!!

are there any guyes want to be sickness???

I suppose there is noone doesn't want to be someone who called to be unusual!!

the reason why he wants to be some sickness situation is his life gonna be more fun while he lived with people have disease he became to think like that.

people in beteruno-ie seems happy because of their sickness.

beteruno-ie is absolutely nosiceble place.


べてるの家!

今後も注目です!!

(追記:事実、早稲田、明治、大東文化、中央、、、などなど色んな大学から友達も来たのだ~皆ありがと~~~★)
スポンサーサイト