スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Schumacher Economy : Satish Kumar

じぇっしの名前は夏実だよ
E.F Schumacher said cyclical economy.

経済学者のEFシューマッハーは循環型の経済について言っていました。



Our school names after schumacher.

私たちの学校は彼の名前をつけています。




click here to continue
↓↓↓

He was educated in oxford.

シューマッハーは(ドイツ生まれでしたが後に)オックスフォード大学で学びました。


He had to help Burma.
This young economist went to Burma but at this time they had Buddhist culture and he learned that.

そして、国の仕事で、この若い経済学者は経済支援のため、ビルマへと派遣されました。
しかし、当時のビルマには、素晴らしい仏教の文化があり、シューマッハーは(教えるばかりか)
それを学んだのです。


After six months he had kind of “satori” and enlightenment.

半年後、彼は一種の悟りを開きました。気づきがあったのです。


And found that Burmese people didn't need western economy.

そして彼は気づきました。ビルマの人々には西洋型の経済は必要でないのだ!、と。


He realized they had good Buddhist economy. Buddhist economics.

彼は思ったのです、彼らは既に、仏教の素晴らしい経済を持っている!

これが後に彼の提唱した仏教経済学です。




They produce their food by hand. Not Comical fatilzer.

彼らは食べものを彼らの手によって生産しています。化学肥料は使っていません。





Western economics are useless here.

西洋的な経済学はそこでは無用でした。




Burma has lots of workers but they don’t have money. And he realized it’s okay.

ビルマにはお金はあまりありませんが、たくさんの働き手がいます。
シューマッハーは、それでいいのだということに気づいたのです。



But the government wanted to use western economics.

しかしながら、政府は西洋型の経済を導入したがりました。


He decided to way back to his country, and went to India and saw Gandhi-ism.

なので彼は決めました。彼は国に帰り、そsてインドに行ってガンジー主義を学ぼうと思ったのです。


According to Gandhi-econoics

ガンジーの経済学によれば


Britain has colonies all over the world. Exploitation made UK rich.

イギリスは世界中に植民地を持っていました。 その搾取によりイギリスはお金持ちの国になったのです。


How would India do that!

どうしてインドがそれに習うことができましょうか!



So the Indian economy had to be related to local economy, elegant simplicity. Elegant !

というわけでインドの経済は地域に根差した経済にしなくてはならなかったのです。
エレガントでしかし質素で。 この、質素でありながらしかし優雅に、というところが重要なポイントです。



The purpose of Gandhian economics,he created distinction of quantity of life.

ガンジーの経済学を達成するために、シューマッハーは生活の量の特徴を決めました。





And shumacher came to England.

そして彼はイギリスへ戻りました。



“I resign the work.” Schumacher gave the paper an officer, the paper was cold Buddhist economy.

私は仕事を辞めます、と言ってシューマッハーは上司に論文を手渡しました。
これが後に仏教経済学と呼ばれるようになった論文でした。



An officer said “What do you mean, economics mean money! what connect to Buddhist.”

彼の上司は言いました、どういう意味だね、経済というのはお金のことでしょうに、
どうして仏教と関連するのだねシューマッハー君よ!




“Economic lack of spirituality is like a sex without love.” Schumacher said.

シューマッハーは答えました。精神性を欠いた経済というのは、愛のないセックスのようなものです。



Government doesn’t want to talk about religion and especially sex!  ;)haha
So the conversation was ended.

役人というものは宗教についても話したがるものではありませんが、
セックスの話しなんてとんでもないといった感じでしたので、この話はすぐに終わりました。(笑





●Buddhism economics.

I wanted to create a college. Spirituality in one hand and the other hand he has economics.

私(サティシュクマール)は大学をつくろうと思いました。それは精神性と経済学とのバランスのとれたものです。



College but has difference, how different it would be.

大学と言っても他とは違いのあるものにしなくてはなりません。どう違いをつけたら良いでしょうか。



There are thousands of colleges.
Most of the college is knowledge only, but it combines experience and information.

世界には既に何千もの大学があります。
ほとんどの大学は知識のみのためというものでしたので、ここでは経験と情報を組み合わせることにしました。



After meditation, there is manual and physical productive work as much in the class room.

瞑想の後に、私たちはクラスで行われる授業と同じくらい、
体を動かして何かを生産できるような授業を取り入れました。


Garden and kitchen are class room. Fresh bread is baked by the students.

庭や台所も教室なのです。生徒たちはパンも焼きます。



Students are learning and other staffs clean the room. It is not right way of ecological learning.

生徒たちは勉強だけをし、他の職員が教室を清掃する。これはエコロジカルな学びではありません。




We believe nature is the greatest teacher in what we have.

私たちは自然が一番の先生だと信じています。


Greatest book is good but the nature, universe is the greatest textbook.

本は素晴らしいものです。しかし、自然は素晴らしい教科書なのです。



If you want to transform honey, learn from the honey bee.

もしあなたが蜂蜜をつくりたかったら、ミツバチから学ぶべきなのです。



Honey bee is the very good economist. Economy of honey making.


ミツバチというのは蜂蜜づくりにおいて、優れた経済学者なのです。



Our economy is completely extra work.

私たちの経済というのは、完全に余分な仕事となってしまっているのです。



Students go to wild place and lean form the natures.

生徒は自然のあるところに行き、そして自然から学ぶのです。



Humanity as well, we have great teachers.

人間の先生も、学校には素晴らしい教師陣が揃っています。



We learn everything by science ,of course, interdiscipline and transediscipline.

私たちは全てを科学から またもちろん色々な分野にまたがった学問から学びます。




All subjects are interrelated,integrated like our body.

全ての事象は関連し合っています。そしてそれは丁度私たちの体のように互いに作用し合っているのです。



We need to learn through imagination and the natives.

私たちは想像や先住民たちからもっと学ぶべきです。




Aboligine and Indians ,they have wonderful way to learnig without science and book based knowledge.

アボリジニーやネイティブアメリカンたちは
科学や本を基調とした知識なしに学ぶ素晴らしいやり方を持っています。


それは

Cosmology天文学だったり
Holistic knowledge 全体観のある知識だったり
Wisdom 知恵であったりします。


In the modern world we have tremendous knowledge but we don’t have wisdom.

現代社会において私たちはおびただしい量の知識を持っているわけですが、
知恵を持っていません。





Catastrophic now.

それは悲劇的なことです。




This economics which we have today is bringing peak oil and environmental problems.

この今現在私たちが手にしている経済学はピークオイルや環境問題をもたらしました。



Therefore, go back to think what is an economics
and an understanding of relationship and universal order and natural order.

だから私たちは、経済というのは一体何であるのか
そして関係性や自然、宇宙の摂理の理解ということを今一度考えてみることにしましょう。





Now, it's tiem to Stretch exercise and Meditation.

ちょっと体操と瞑想をしてみましょう。


continue the session
(講演続く)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。