スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

We are the world for Hiti

アフリカ向けの We are the worldが発表されたのは今から25年前でしょうか

というわけで私の生まれる前であり、あまり馴染がありませんでしたが

マイケルの死により

そしてハイチへのリメイクにより身近になりました



知ってる人がたくさん出てきて嬉しい









アメリカへ対する思いは、大学に入って
よりアメリカ寄りの(?)教育を受け
そしてまた日本の立ち位置や
日本人である自分のアイデンティティなどを考える機会も増え
より複雑なものへと変化しました

特にこの一年、友人を通して
より身近に、痛いほどにアメリカの「大きさ」を感じることとなりました


スケールの大きさや影響力の大きさによる環境負荷や文化破壊や
その他もろもろ、嫌悪感を抱くことも多々出てきましたが


こうして素晴らしい作品を見せつけられると

やはりすごいなと感嘆せずにはいられません


こういうチャーミングな瞬発力とアメリカらしい皆で助け合おうぜ精神はやり
私の好きな部分です


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。